...            ...   

第三ウイング : オルトリンデの間#6

2009年07月03日
第IIIウイング オルトリンデの間 28人で突入。
ドラゴンx6 ⇒ ワモーラ(成虫)x6 ⇒ 赤色コウモリ(3匹タイプ)x12 ⇒ キマイラ(ボス)




■第1グループ ⇒ Ormr (ドラゴン) 6体



突入すると、POPしていたのはドラゴン6体。1体ずつ殲滅。

・ボディプレス ⇒ 自身中心範囲 蝉複数消費 [物理大ダメージ(400-600程)]
・カオスブレード ⇒ 前方範囲 蝉貫通 [闇属性ダメージ(200前後) + 呪い(HP/MP Max -75%)]
・フレイムブレス ⇒ 前方範囲 蝉貫通 [火属性ブレスダメージ(400cap)]
・無の歌 ⇒ 自身中心範囲 [食事含め全ての強化消去(リレイズ除く)]

このドラゴンは上記4種類のwsを使ってきます。

まず、食事や歌、ロールを全て消される「無の歌」を封じるためにサイレスを入れましょう。
月光ギロティンで静寂にしてしまうと管理し難くなるので使わない様にして赤にまかせます。

それから「ボディプレス」が非常に強力なのでスタンで確実に止めていきます。
蝉があれば避けれるので、前衛はタゲを取っていなくても必ず蝉を張るようにしておく事。

「カオスブレード」もダメージ自体は大した事ないのですが、追加効果の呪いが強力
すぐに聖水で治療。呪いでHPが減らされた所にブレス等がくると即死してしまうので早めの回復を。
これと「フレイムブレス」は前方範囲なので立ち位置に気をつけ、正面に立たないようにしましょう。

厄介な相手ですが、ボディプレスさえしっかり止めていければなんとかなるはずです。


■第2グループ ⇒ Infected Wamoura (ワモーラ成虫) 6体



ドラゴンが終わり次にPOPしたのはワモーラの成虫。これも1体ずつ殲滅。

・エラチックフラッター ⇒ 自身中心範囲 蝉全消費 [火属性ダメージ(200前後) + 自身に強ヘイスト]
・妖鱗粉 ⇒ 自身中心範囲 蝉全消費 [光属性ダメージ(200前後) + ディア(13/3秒)]
・マグマファン ⇒ 前方範囲 蝉貫通 [火属性ブレスダメージ(350cap)]
・プロボシス ⇒ 前方範囲 蝉貫通 [ダメージ分MP吸収 + ディスペル(1個)]
・イグジュビエーション ⇒ 自身単体 [HP回復(回復量被状態異常数に比例) + 状態異常全消去]

上記5種類のwsを使用。厄介なwsが多いです。アスピル有効

エラチックフラッターと妖鱗粉が範囲なので後衛は極力距離を取ります。
前者には範囲ダメージだけでなく自身にスロウIIをも上書きする強力なヘイスト
かかるので、すぐに消しましょう。後者のディアのスリップも強力。早めのイレースを。

イグジュビエーションは自身にかかっている弱体効果1つにつき2000程回復するので
気にせず弱体を入れていると6000-8000と回復される事もあります。
なので、弱体は一切入れずにやる方が結果的に殲滅速度は上がるでしょう。
月光やギロティン等の追加効果を持つwsにも注意が必要。

プロボシスとマグマファンは前方範囲。立ち位置に注意。
プロボシスは被ダメージ分MPが吸収され、200-300程吸収される事も。
詩人やコルセアは前に出る事が多いので、位置に気をつけ食らわない様に
ちなみにMPがないと0ダメージで、HPに対するダメージはありません。
地味にディスペル効果(消去は1つだけ)がついているので消された強化は報告し、
余裕があればダミーとしてバ系等をかけておくと良いかもしれません。

ただでさえ面倒な相手なのに、HP増モードだった様で少々手こずりました。


■トリガーモンスター ⇒ Muninn (黒鳥) 1体

ワモ殲滅中に黒鳥がPOPしたので消えてしまう前に優先的に倒します。
HPは5000。HPは少なく、時間経過で消える以外は普通の鳥。倒すのは容易。

黒鳥は倒した時点で出現中の敵のHPが丁度1割減る効果だと思っていたのですが
倒す前からタゲを合わせ確認したものの今回はHPの減少は一切見られませんでした。
おかしいなと思っていたところ、ワモに対して精霊のダメージが倍くらいに増加していた様で
もしかしたらHP減少以外にも弱体効果があり、その中からランダムで選ばれるのかも
ちなみに物理ダメージに変化はありませんでした。


■第3グループ ⇒ Utgarth Bats (赤色コウモリ3匹タイプ) 12体



最後にPOPしたのはコウモリ12体にボスのキマイラが1体。まずはコウモリから。
闇に耐性がありスリプルでは寝にくいので、ララやリポーズ等の光属性睡眠で寝かせていきます。
突が弱点で、突属性ダメージ+25%

・ジェットストリーム ⇒ 近接単体 蝉3枚消費 [物理ダメージ(200-400程)]
・タービュレンス ⇒ 自身中心範囲 蝉全消費 [風属性ダメージ(200前後)]
・ソニックブーム ⇒ 自身中心範囲 蝉貫通 [ダメージ無 + 攻撃力ダウン(-25%)]
・スリップストリーム ⇒ 自身中心範囲 蝉貫通 [ダメージ無 + 命中率ダウン]

上記4種類のwsを使用。範囲wsが多いので各PT距離を取りましょう

ソニックブームの攻撃力ダウンやスリップストリームの命中率ダウンが厄介。
放置しておくと火力が大きく下がるので、後衛で担当を決め早めに治していきます

タービュレンスのダメージはそれほど大きくありませんが、蝉で防ぐ事が出来ず、
蝉も全て剥がされるので連発されると痛いです。余裕があればバエアロラをかけておくと〇


■ボス ⇒ Gorgimera (キマイラ) 1体



最後にボスをやります。残り時間は5分程。急ぎます。

エレジー等弱体は入りますが、レジ多めで通りが悪く、精霊も同様。大きいカットも有。
スタンは入りますが杖はもちろん、魔命・スキルを意識した装備で撃つ事を推奨。
反面、物理は比較的良く通る様子。回避も普通。
通常攻撃の間隔は早く、被ダメは300-500ほどでDA有。



・サンダーストライク [ 前方範囲 蝉貫通 雷属性ダメージ(400程) + スタン ]
・ドレッドストーム [ 自身中心範囲 蝉全消費 闇属性ダメージ(400程) + テラー ]
・岩息 [ 前方範囲 蝉貫通 ダメージ無 石化 ]
・テネブラスミスト [ 自身中心範囲 蝉貫通 ダメージ無 TPリセット ]
・トゥールビヨン [ 対象中心範囲 蝉複数消費 物理ダメージ + 防御ダウン + ノックバック(大) ]
・プレイグスワイプ [ 後方範囲 蝉複数消費 物理ダメージ + 悪疫 + バイオ(スリップ大) ]
・フルミネーション [ 自身中心範囲 蝉全消費 雷属性ダメージ + 麻痺 + スタン ]




使用wsは上記の7種類。フルミネーションは後半(25%以下?)になると使用。

後方からタゲを取るとプレイグスワイプを使われるので、
前衛は正面から少しずれた足元に立ち削っていく事にします。
岩息やサンダーストライクを使用する際にタゲ持ちの正面を向き直す事があるので
その都度位置を調整していきましょう。スタンやテラーがあるので回復は早めに。

wsの中でもトゥールビヨンフルミネーションが非常に強力。
トゥールビヨンは蝉で回避出来るものの直撃すると4桁ダメージ。
タゲを取っていなくても常に蝉は張っておいて後衛は出来るだけ距離を取る
クリティカルで翼が折れる事があり、その間はトゥールビヨンを使用してこなくなる様です。

フルミネーションは発動が遅めなので確実にスタンで止めていきましょう

特徴を押さえ、フルミネーションをしっかり止めていけば第IIIウイングの中では楽な部類のボス。



残り1分程でギリギリ撃破。↑の戦利品と1920アンプルを貰って終了。
80x6 + 160x6(HP増) + 40x12 = 1920。

今回はドラゴン、ワモ成虫、赤色コウモリ3匹タイプと面倒な雑魚ばかりで
結構苦戦しました。これでボスがベヒだったらと思うと・・。危ないところでした。


ポチっと1クリック。応援お願いします。



[人気ブログランキング]











▼すべてのFF14プレイヤーに捧げる、初のフルオーケストラアレンジ▼

FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017

スクウェア・エニックス
発売日:2017-09-20

Amazonで詳しく見る

『A REALM REBORN』『BEFOR THE FALL』『HEAVENSWARD』『THE FAR EDGE OF FATE』までの4つのオリジナル・サウンドトラックから厳選した楽曲をオーケストラアレンジ!栗田博文指揮、東京フィルハーモニー交響楽団による演奏。
Comment
無題
前から思ってたのですが携帯で画像が見れません
Σ( ̄□ ̄)!
携帯対応のブログにも
書くつもりはありませんか? 是非よろしくお願いします。
無題
いつかはなんとかするかもしれませんが、
今のところはちょっと余裕が無くて無理そうです、ごめんなさい。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: