...            ...   

オロボンが待っている。

2009年10月08日
たまーに、週に1回程度フレに誘われてバフに通っていたのですが・・。


全く4層扉から大鳥がPOPしないのです。
防具がドロップしないのならまだ我慢も出来るのですが、大鳥すらPOPしない。


そのフレと行く場合は4層扉 + ボス + αという感じでした。
私の希望は毎回「フレイヤジャーキン」。スカディ装備で唯一持っていなかった部位。
以前サルにハマっていた頃に1度ロットする機会があったのですが、
その時はそれほど欲しくも無く、他に欲しい人がいたのでパスをして譲りました。
あっさりPOPし、ドロップしたので、いずれすぐ取れるだろうと高をくくっていたのです。

しかし・・いざ取ろうとすると、わかない・出ない。
固定活動をしていた間には結局取る事が出来ず、そのままになっていました。

そんなこんなで自分でメンバーを集めてまでやる気力も無く、メインジョブの装備でも無いので
もう良いかなーと、半ば諦めかけていた時、丁度バフに通いたいフレがいて、誘われた訳です。
そして、それから月に3-4回程度ではありますが、不定期にバフに通う日々。

ほぼ毎回扉自体は失敗する事無く無事にわかせる事が出来るものの・・後は最初に書いた通り。

ただでさえ条件が厳しい4層扉。
リンク・天候・火力・・様々な要因が難易度を上げます。
せめて扉内に入る事が出来たら1体はNMを保障してくれても良いのに。
そんな事ばかり考えては、排出されて・・。そろそろ、今回こそPOPして欲しい。

そう願いつつ突入し、5分程度経過したその時でした。
明らかに大きさが違う、巨大な敵が目の前に現れました。「Peryton」です!
思いのほか早くPOPしたことに戸惑いつつもターゲット変更。

POPさえすれば、倒すまでにそう時間はかからず、あっさりと撃破。
箱マークが出たので一瞬期待したのですが、残念ながら中身はアレキ袋。
そうだった、扉内のNMはアレキ袋を落とす様になったんだ。
アレキ袋追加前は箱マークが出れば防具確定だったので、
ワクワクしたものですが、それが味わえないというのは嬉しいような寂しいような。

とりあえず、こんな序盤にPOPしたのはまだまだ期待出来ます。
気を取り直して2体目はまだかまだかと黙々と鳥を倒していくPTメンバー。
しかし、その期待とは裏腹に2体目がなかなかわかない。

まさかこのまま1体だけで終わるなんて事は・・といった不安もよぎり始めましたが、
中盤に差し掛かった時、そんな不安をかき消すかのように待望の2体目がPOP。



そして、とうとう念願の「フレイヤジャーキン」をドロップしました!
ありがたく頂きました。結局ドロップを見たのは1年・・いや2年前くらい?
はっきりとは覚えてませんけど、とにかく久しぶりで感無量です。

時間は結構余っていたので、その後も引き続き扉が倒れるまでやる事になりました。
結局排出されるまでに3体目、そして4体目もPOPはしたのですが、残念ながら防具のドロップは無し。

さて、後はアルウツ鋼ですが・・これが1番の敵な気もする。


ポチっと1クリック。応援お願いします。



[人気ブログランキング]










▼すべてのFF14プレイヤーに捧げる、初のフルオーケストラアレンジ▼

FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017

スクウェア・エニックス
発売日:2017-09-20

Amazonで詳しく見る

『A REALM REBORN』『BEFOR THE FALL』『HEAVENSWARD』『THE FAR EDGE OF FATE』までの4つのオリジナル・サウンドトラックから厳選した楽曲をオーケストラアレンジ!栗田博文指揮、東京フィルハーモニー交響楽団による演奏。
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: