...            ...   

銀海遺構61 : 日数腹当。

2007年12月21日
12月20日銀海TOP


毎度おなじみ銀海遺構。

ルートは 1層西 2層南東 3層東 4層東+ボス
編成は 忍 モ シ/忍 赤/忍 赤/白 詩/白 の6人。

ついにこの日が…。

↓詳細とか。


▼突入ヴァナ時刻

[5/13 居待月 氷 11:39]

▼倒した敵

道中+ボスRep

■1層西

最初の箱。
12月20日銀海最初の箱


魔法1個は赤/白へ。蝉はないけど、HPが2個出たので、まぁいいか。

最初の小部屋のフォモル1体だけ倒したら他の部屋は寄らずにそのまま南下して南大部屋へ。
大部屋に着いたらシはすぐにエルメスを使ってフォモル6体にからまれて、北へタゲ切りに走ります。

ここまでに脚が出ていればシに渡してパウダーブーツでも○

1体反応させれば6体全部反応するので、そしたら忍が右端のモタイプを抜いて部屋の端まで持っていって倒します。
端でやらないとタゲが切れて戻ってきたフォモルがからんでくるので、進路上で戦闘は×

それから、1体目のモタイプをやる時はまだ魔法等の解放もろくに揃っていないので結構厳しいです。
これさえ乗り切れば魔法x3落とすので、ハイポ多めに用意したりしてなんとか頑張りましょう。
今回はHPはあったので、ハイポがぶ飲みしつつ無事撃破。

モタイプ倒したらすぐにスニを使って北通路の方まで戻ります。
赤タイプ以外は定位置まで戻りかけていましたが、赤タイプ1体だけ戻るの遅れて
はぐれていたので、それを定位置に戻る前に倒してしまう訳です。


赤タイプだし、さっきのモタイプで魔法x3も取れたのでこれは難なく撃破。

残り4体は定位置まで戻りきっていたので、最初と同じ様にシがからまれて北へ。
本隊でやれる分だけ抜いて、端まで持って行って倒していきます。

ここでは赤タイプと狩タイプの2体を忍と赤/忍でそれぞれ抜きました。

先に赤タイプから倒して、その間狩タイプは赤/忍がキープ。寝ないのでグラ・バインで。
狩タイプだしまだ蝉がなくてもなんとかなると思います。

この2体が終われば残るはモタイプ・コルセアタイプの2体。
戻ってきた順にやっていって、6体殲滅完了。NMが雑魚フォモル6体並んでいた位置にPOP。

12月20日銀海1層NM


NMはモタイプ。
破鎧陣の防御ダウンをこまめに治しつつ、連環拳に気をつけていれば
HPが多いだけでそんなに苦労する相手ではありません。

NMのHPが残り5−6割になったら、もう一度歌を歌い直して詩がワープへ。
NM中に強化のかけ直しもしておいて、倒したら待機していた詩が飛びます。

◆1層:16分

■2層南東

全員南東大部屋へ移動。
大部屋に着いたら、ここからは赤/忍が釣りをしてフォモル・インプを殲滅。


フォモル同士はリンクしませんが、最初はインプと固まっていることもあるので注意。
序盤は解放も余り揃っていないのでインプ・フォモルが3体以上くると一気に苦しくなります。

12月20日銀海2層


最初は通路をキャンプに敵の数を減らしていって、減ってきたら段々前進。最終的には部屋内で戦闘。

通路でやる時、狩タイプがきたら通路に引き付けてからタゲ取りましょう。
姿が見えた瞬間挑発したりすると、通路に来る前に止まってしまってわざわざ引っ張らなくてはいけなくなります。

あとは、インプが箱落とすことがあるので、手が空いた後衛はチェック。
回復系が入ってると思うのでMPきつかったらどんどん使っていってOK。これは1層でも言えることです。

そんな感じで特に事故もなく順調にフォモル・インプ殲滅完了。
部屋のどこかにNMがわくので倒します。大体箱x4の近くにPOP。

赤タイプなので開幕に強化します。まずは強化を消してから戦闘開始。
HPが多いだけで、大したことないのでひと通り弱体入れ終わった後衛は部屋の箱をゴソゴソ。
良さそうな薬があれば報告。

もう少しで倒せるくらいになったら、赤/忍がワープへ。
倒したら、さっきの報告で良い薬があれば取ってからワープ。なければ即飛びOK。


◆2層:22分
◆1・2層合計:38分

■3層東

中央部屋はからまれないようにギアを避けて、東大部屋まで移動。
もしからまれた人がいたら、シが抜いて走ってタゲ切ってきます。


無事からまれずに東大部屋まで移動出来ました。
シがどんどんギア・ギアズ持ってくるので大部屋手前の小部屋をキャンプに1体ずつ倒していきます。

扉はリンクしても本隊はヘイトつけずに無視。ギア・ギアズだけ抜いて寝かせて置いておきます。

A.グラビティのヘヴィは地味だけど、しっかり治さないと次の敵に殴りに行くのが
遅れたりするので倒す前で良いので必ず治療。


そんな感じで部屋中のギア・ギアズを殲滅したらNMがPOP。
アンチグラビティが鬱陶しいので、壁を背にして殴ると○

NM中にシはもうアタリ扉殴り始めててOK
アタリ扉はスキャンないので、雑魚ギアやってる間かNM中に扉をわざとリンクさせて見つけておきます。

NM終わったら本隊もアタリ扉を殴り始めて、倒す前にシがワープへ。

12月20日銀海3層アタリ扉


扉からバインド貰ったら、必ず飛ぶ前に治してからワープ。

◆3層:16分
◆1・2・3層合計:54分

■4層東

シがワープしたので1番早く動けるはず。
なので、着いたらすぐにとんずらを使って南へ向かって巡回に追いついて釣って本隊まで持ってきます。
他5人も着き次第南へ追いかけて、合流したところで戦闘開始。


ここで赤/忍は連スリを使って、全部寝かせて1体ずつ処理。
とにかく数を早く減らさないと苦しくなってくるので、前衛系の薬があればここで使い切る勢いで。

6体全て倒したら、全員中央部屋まで移動。
あらかじめ扉抜き役4人決めておいて、シが囮で中央部屋の敵を引き付けたら、
その4人で各自扉を1体ずつ合計4体全て抜いて北通路まで持っていきます。

6人編成だと1人余るので、その人が扉4体抜けたか確認。
4体無事抜けていたらシは絶対回避+侠者の薬を使ってログアウトで逃げます。

薬がない場合は仕方がないので、北で死んどきます。
今回は薬もあったのでログアウト出来ました。

先に5人で扉4体を寝かせつつ1体ずつ倒していきます。
扉4体に来訪でも雑魚を呼んでくるので慣れるまでは寝かし大変かもしれません。
今回は来訪の雑魚も結構多めに呼ばれてちょっと手こずりました。

で、扉4体→来訪の雑魚の順で全て処理出来たら続いて5体目の扉わいているのでそれを釣りにいきます。
この扉自体はNMやクリアに全く関係ないのですが、ドロップ上がるかなーみたいな。
願掛けみたいなもので…時間も余り気味だし倒してます。

扉釣る時ギアズが多めにきたら死んでもらう破目になるんだけど、
今回はギアズ1体だけしかリンクしなかったので、そのギアズはワープするまで
ずっと寝かしキープすることにしました。

扉を倒して、すぐ亀も持ってきます。さて、今日こそ出るかどうか…。

12月20日銀海4層亀


エレジー・スロウは入らないので蝉回し結構大変。出来ればタゲ回し気味で。
トータスソングで歌全部消されます。消されたらすぐにかけ直し。
甲羅強化の防御UPもすぐに消しときましょう。


もう銀海は出ないのが当たり前なので、ドロップも特に気にせず倒したらもう次の戦車へ
すぐ向かおうとしたら…

12月20日銀海4層日数腹当ドロップ


つ、つつついに…日数ドロップー!
58匹目、参加していない時も数えると60匹以上…?ついに出ました!
58匹って…毎日かかさず銀海ばかり行っても2ヶ月近く、週1で銀海だと1年以上出ない計算に。。。

まぁそんなことは置いておいて、とにかく出たことが嬉しい。
これでようやく初の薄金コンプが出ました。
次は自分用にロット出来る様になるけど…希望も増えそうで気が遠くなる…
けど、全員欲しいのが取れるまでは続けて行きたいなぁ…。

そんな感じでー、亀終わったら戦車もさくっと倒してボスへ。

◆4層:25分
◆1・2・3・4層合計:79分

■BOSS

12月20日銀海ボス


ボスは振り向きと同時にブレインモードになります。
逆に言えばブレインモード開始以外では一切振り向きません。

なので、振り向きと同時に武器を変えてすぐ逃げます。振り向きが解りやすい様に側面に立つと○

ブレインモード1回目が終わったら百烈、3回目のブレインモード後にソウルを使って撃破。

ドロップは
12月20日銀海ボスドロップ

でした。

◆BOSS:12分
◆全層+ボス合計:91分



薄金頭35部位 日数兜 通算…5/68
モリガン脚35部位 マッハスロップス 通算…2/65
アレス脚35部位 ダイモスクウィス 通算…3/59
薄金胴35部位 日数腹当 通算…1/58




↓ポチっと応援お願いします。








ブログパーツ





▼すべてのFF14プレイヤーに捧げる、初のフルオーケストラアレンジ▼

FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017

スクウェア・エニックス
発売日:2017-09-20

Amazonで詳しく見る

『A REALM REBORN』『BEFOR THE FALL』『HEAVENSWARD』『THE FAR EDGE OF FATE』までの4つのオリジナル・サウンドトラックから厳選した楽曲をオーケストラアレンジ!栗田博文指揮、東京フィルハーモニー交響楽団による演奏。
Trackback
トラックバックURL: