...            ...   

ストーンゴルゲット 【前編】

2009年10月28日
以前から気になっていたアイテムで、2-3人くらいでも気軽に取れるという話も聞きます。

ただ、ゴルゲを落とすNMをやる為に更に別のNMをもう1体やる必要があったり、場所が
プロミヴォンだったり・・スゴク面倒くさそうで敬遠していた訳ですが、ストーンマフラを取れる機会が
ありまして、どうせなら上限一杯まで強化したスキンにしたいと思い狙ってみる事にしました。





[ ストーンゴルゲット:首◆防4 ストンスキン効果アップ AllJobs Lv39 RaEx ]

肝心のゴルゲの性能は上の様な感じになっています。
「ストンスキン効果アップ」はスキンの吸収量を+30するというもの。

スキンについては以前の記事でも書きましたが、通常上限は350です。
しかし、このゴルゲはMNDによる吸収量の上限関係無く+30するという優れもの。
「ストーンマフラ」との併用も可能で2種合わせると、なんと!+60にもなります。
いくらMNDを稼いでも350までしか吸収出来ない所、410も吸収出来る様になるのは大きいですよね。

上限超えにだけ注目されがちですが、+30という量も非常に魅力的。
ある程度MNDブーストした状態で+30稼ぐとなるとMNDは+10も必要です。
首装備だと「約束バッジ」等の+5が最高値、首だけでこれだけ稼げるのは大きい。
しかも、低レベルから装備出来て、ジョブを選ばない。至れり尽くせりの装備なのです。

・・が。冒頭にも書いた様に取得までの過程が非常に面倒くさい。簡単に説明すると。

①「プロミヴォン-デム」のNM「Satiator」がドロップ(100%)する「飽きるものの残滓」を入手する。
②「プロミヴォン-ヴァズ」の???に「飽きるものの残滓」をトレードしてNM「Provoker」をPOPさせる。
③「Provoker」がドロップ(100%では無い)する「禍禍しき記憶の一塊」を入手する。
④大公私邸(ル・ルデの庭北)にいるHarithに「禍禍しき記憶の一塊」をトレードすると入手。

・・という手順が必要。
レベル制限 + 装備の準備等を考えるとそれだけでやる気が削がれます。
しかも制限の異なる2箇所を回らないといけない上に一塊は100%ドロップでは無い・・。

これは結構苦戦しそうだと思っていたのですが、いざ始めてみると意外にも・・?



さて、それでは本題に入ります。
まずは①の部分。「プロミヴォン-デム」のNM「Satiator」の説明から。

■Satiator

▼POP場所



プロミヴォン-デムに入り玉(Memory Receptacle)を倒しつつ3層を目指します。
3層は2マップあり、2層からワープした際にどちらかにランダムで飛ばされます
その2マップのうち、どちらかの上図青丸で印した辺りに60分間隔で時間POP。

30分間隔という情報も目にしましたが、30分ではPOPせずピッタリ60分で再POPしたので
恐らく60分間隔だと思います。ちなみに、位置次第では2層から広域スキャンにかかります。

▼特長



HPは約3000。エンプティ類ゴージャー族。DA持ちでリゲイン有。
弱体はパライズ・スロウ等一通り入り、グラも入りましたが入り難い様子(装備のせいもあるかも)。
通常攻撃の間隔は普通。被ダメは80-120程でクリティカルで150前後。
2Hアビも使わず、これといった特徴も無し。ただHPが多いだけのゴージャーと言った所。

ただ、そういう特性なのかダメージの通りが悪いからそうなるのかは解りませんが、
後衛が少しケアルやナ系を唱えただけですぐにタゲが動く事があるので、ヘイト回りには注意する事。



■使用WS

・陰鬱なガス [ 自身中心範囲 蝉貫通 ダメージ無 + 麻痺 ]
⇒ダメージこそ無いものの深度も高めで非常に厄介。

・虚ろなる障壁 [ 自身単体 防御力アップ ]
⇒消す手段が無い(防御ダウン等も×)ので時間経過で消えるのを待つしかない。

・存在同化 [ 遠隔単体 蝉1枚消費 HP吸収(200前後) ]
⇒蝉1枚で回避出来るが食らうと結構な量を吸われるので注意が必要。

・バニティドライブ [ 近接単体 蝉1枚消費 物理ダメージ(100-200程) + ノックバック ]
⇒蝉1枚で回避出来るが食らうと結構なダメージを受けるので注意が必要。

・四連突 [ 近接単体 蝉4枚消費 物理ダメージ(200-500程) ]
⇒蝉枚数次第で即死する程のダメージを受ける強力なws。非常に危険。



▼戦闘

蝉前衛2-3に後衛2程度のPTで問題無く勝てます。
青/忍なら薬品やフェローも駆使する事で2人でもやれる模様。
このレベルの青は強力でヘッドバットを挟みつつメッタ打ち等でタゲを回す。
その場合は麻痺対策に万能薬等を用意しておきましょう。

ただ、少人数でやる場合だと「四連突」等での事故の心配や、
装備や薬品等それなりの準備もしておかなければいけなく、面倒です。

そこでマラソンでやる事にしました。



NMが北西マップにいた場合は、その周辺に上図の様な柱があるので
その周りをぐるぐるしつつ、NMの動きに合わせて右往左往すればマラソン出来ます。
周りには敵もいませんし、武器以外は裸でも良いので狩2+白程度いれば楽勝。

NMが南西マップにいた場合は少し引っ張る必要があります。
まず、POP位置を印したマップの「マラソン位置」まで持っていきましょう。
少し遠回りになりますが東回りの方が雑魚敵の配置を考えるとからまれる心配も
少なく楽
だと思います。グラは入りますが、無くても足は早くないので問題無く持っていけるはずです。



そこまで持っていくと上図の様な壁があるので、そこをぐるぐるNMの動きを
見つつマラソンします。周りに敵はいません(玉の雑魚がいる事もありますが問題無し)。
こちらも狩と回復役さえいれば裸(武器のみ用意)2-3人で問題無くやれます。
このレベル帯はボルト全盛期なのでホーリーボルト+狩が強力。
恐らくスリップを使えばソロでもやれるかもしれません。



倒すと「飽きるものの残滓」を100%と「緑色の記憶の結晶」をドロップ
前者は後半の「プロミヴォン-ヴァズ」のNMをわかせる為のトリガー。
後者は「プロミヴォン-デム」の「???」にトレードすると「プロミヴォン-デム地図」を入手出来ます。
ちなみに「???」は3層南西に1ヵ所、4層に3ヵ所POPする様です。

さて、準備から制限やらで苦労するかと思いましたが・・
遠隔マラソンをする事で武器だけ用意すれば特別準備も必要無く
裸のまま出発でき、2-3人でもやれるという意外な結果が待っていました。
慣れれば30分程度でここまで終わりそうです。後は帰り手段だけはしっかり用意しておきましょう
Dカジェル等が制限の為に使えないので呪符デジョ等を忘れない様に。


以下後半へ続く。


ポチっと1クリック。応援お願いします。



[人気ブログランキング]








▼最新拡張パッケージ 「紅蓮のリベレーター」サービス開始!▼

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター コレクターズエディション (数量限定予約特典コード配信)【予約特典】オリジナルPC壁紙配信ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター コレクターズエディション (数量限定予約特典コード配信)【予約特典】オリジナルPC壁紙配信

スクウェア・エニックス
発売日:2017-06-20

Amazonで詳しく見る

●コレクターズエディション特典内容
・「紅蓮のリベレーター」特装アートBOX
・ガレマール帝国第XII軍団長「ゼノス」ハイクオリティフィギュア
・ビジュアルアートブック
・布製エオルゼア全図
・「紅蓮のリベレーター」ロゴステッカー
・インゲームアイテム:
  マウント「シルドラ」
  ミニオン「マメット・バッツ」
  武器「チキンナイフ」
●数量限定予約特典コード内容
・「紅蓮のリベレーター」アーリーアクセス
 ※発売日よりも数日早くプレイできる特典
・インゲームアイテム:
  ミニオン「マメット・レッドメイジ」
  アラミガンイヤリング
▼パッチ3.2~3.5から全50曲を収録した最新サントラが登場!▼

【Amazon.co.jp限定】THE FAR EDGE OF FATE: FINAL FANTASY XIV ORIGINAL SOUNDTRACK【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】(Amazon.co.jp限定絵柄 スリーブケース付)【Amazon.co.jp限定】THE FAR EDGE OF FATE: FINAL FANTASY XIV ORIGINAL SOUNDTRACK【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】(Amazon.co.jp限定絵柄 スリーブケース付)

ゲーム・ミュージック

スクウェア・エニックス
発売日:2017-06-07

Amazonで詳しく見る

「パッチ3.2 運命の歯車」から「パッチ3.5 宿命の果て」までの3.xシリーズから、お馴染み祖堅正慶率いるFFXIVサウンドチームによる楽曲たちを全50曲収録した最新Blu-ray Discサントラが登場!「機工城アレキサンダー律動編、天動編」、「セフィロト、ソフィア、ズルワーンの三闘神」、「マハシリーズ」などの人気コンテンツを彩った楽曲の数々を、ゲーム内映像と共にお楽しみいただけます。
●インゲームアイテム「マメット・ニーズヘッグ」シリアルコード付
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: