...            ...   

銀海遺構95 : 良いタイミング。

2008年03月24日
3月23日銀海TOP


こんばんは、ペコーです。

銀海へ。
ルートは 1層西 2層南東 3層東 4層東+ボス
編成は 忍/戦 侍/忍 シ/忍 赤/忍 赤/白 詩/白 の6人。

↓詳細とか。


▼突入ヴァナ時刻

[ 11/30 下弦の月 月 11:08 水x1天候 ]

▼倒した敵

道中+ボスRep




■1層西

最初の箱。
3月23日銀海最初の箱


銀海1層


箱を開けたら西へ進んで?の部屋へ。
ここにモタイプフォモルが1体だけいるので、赤/忍・詩人以外の4人で倒します。
箱の中身を確定させて、赤/白はやってる間に盾にプロをかけておきましょう。
赤/忍と詩人の2人は?の部屋へ向かいます。

?の部屋には赤・モ・狩・コタイプのフォモルが1体ずつ、計4体いるので
どれでもいいから1体釣って本隊まで持ってきます。リンクはしません。
本隊は?が終わったら追いかけて、合流した所で釣ってきたフォモルをやっていきましょう。
持ってきたらまた?まで戻って2体目を釣ってきます、
これを繰り返して?の部屋の4体を殲滅。?には箱もあるので後衛はチェックを。

4体終わったら全員?の大部屋へ移動。
ここにはフォモルが6体 [ 赤 コ 赤 モ 狩 モ ] の順で並んでいるので
まずシが囮をして1番右端のモタイプを抜きましょう。ここの6体は必ずリンクします。

忍・シ以外の4人は向かって右側の壁際で待機しておきます。
準備が出来たらシがフォモルにからまれて反応させたら、忍はすかさず右端のモタイプを
抜きましょう。抜いたら4人待機している所まで持っていって戦闘開始。
シは上図の矢印の方へ走ってフォモルのタゲを切ってきます。

フォモルを釣る時、遠隔が既にあれば遠隔で釣っても良いですが、
挑発がない場合気孔弾等ではうまく抜けない場合があるので気をつけましょう。
そういう場合は関係のないフォモルをターゲットにして釣ること。

さて、1体目に抜いたモタイプを倒す訳ですが、ここの6体のフォモルは
小部屋のフォモルとは違い強めな上に1体目にモタイプを相手にしなければいけません。
今回の様にHPもなく、蝉の解放もまだだと非常に危ないので
ハイポは多めに用意しておきましょう。ファラIIがあれば必ずかけておくこと。

装備類はそこそこ解放出来ていたのでなんとか無事倒せました。
次ですが、タゲの切れたフォモルのうち戻るのが遅れていてはぐれていたフォモルが
2体いたので本隊はHP白にしてスニをかけた後、倒しに向かいます。

Aと?の間の通路、階段辺りに赤タイプが1体いたので戦闘開始。

3月23日銀海1層はぐれたフォモルを倒す


さっきのモタイプで魔法が3つ取れているので、これは比較的楽に倒せました。
やっている間に奥からもう1体赤タイプが戻ってきたので続けて倒します。ここでシが合流。
これで最初のモタイプを含めれば3体倒したことになりました。

もう一度?まで戻って囮で抜いていきます。
ある程度解放も取って少し余裕が出来たので今度は2体抜いていくことにします。
シがからまれて反応したら忍がコタイプを、赤/忍が狩タイプを抜きました。
また右側の壁際まで引っ張って1体ずつ倒していきます。

先にコタイプから倒して、その間狩タイプは赤/忍がグラ・バインでキープ。
狩タイプをやっている間にシが最後のモタイプと共に戻ってきたので、
狩タイプが終わったらそのままモタイプも倒して6体殲滅完了。

NMがPOPするのでそのままやりましょう。
このNMもモタイプなのでHPは常に満タン近くをキープして防御ダウンは即治療。
連環拳が強力で蝉がない時に防御ダウンの状態で食らうと1000近くのダメが出ることも。
赤2人でNM中に強化をかけ直しをして、NMのHPが残り6割くらいになったら
詩人はワープ部屋に向かいます。着いたら待機しておきましょう。

本隊は倒して飛んで良ければ合図、合図貰ったら詩人はワープ。
NMは箱を落とす事もあるので、落としたらチェック。

◆1層:19分

■2層南東

全員まずは南東大部屋まで移動します。
シは2枚目の扉を開けた後に「とんずら」を使ってひと足早く大部屋に着いたら
フォモルを1体釣ってきましょう。2体目からは赤/忍が釣りを担当。

とりあえず最初は大部屋手前の通路をキャンプにやっていきます。L字になっている辺り。
あまり前に出すぎると大部屋のフォモルがアビ感知でからんできたりするので注意。
殲滅が進んで、敵の数が減ってきたら徐々に前進。

3月23日銀海2層フォモル・インプ殲滅


赤/忍は常に釣りに行っている感じなので、赤/白は大変かもしれないけど
前衛3人にヘイスト回し、弱体、回復…頑張ります。
MPキツイ場合もあると思うので弱体はスロウ・パラ・ディアくらいで構いません。
1つ注意したいのは赤タイプ以外を相手にする時も赤タイプが強化を他のフォモルに
かけていることがあるのできっちり消していきましょう。

フォモル同士、インプ同士はリンクしませんがフォモル・インプはリンクするので
(正確にはリンクではなく、この時点ではまだ黄色ネームはからんでいませんが)
リンクした場合は本隊がフォモルを抜いて先に倒します。
その間インプは赤/忍が離れた所で蝉を使ってキープ。

フォモルをそろそろ倒せそうって所で教えてあげて、インプを持ってきてもらいましょう。
フォモルはグラ・バインドも入るし、フォモルをキープして先にインプから倒すのも
良いかもしれませんが最終的にはこっちの方が安全で楽という結果に落ち着きました。
まぁこの辺は編成や慣れもあると思うので各自やり易いやり方で。

何回かリンクしましたが、特に問題なくフォモルの殲滅完了。
NMがPOPします。これは赤タイプで大して強くはありません。さくっと倒してしまいましょう。
NMやっている間に後衛は箱のチェック。中身と方角を報告。
強化もかけ直しておきます。

倒したらワープ…と言いたい所ですが、まだインプが1体残っていたので倒します。
フォモル殲滅がNMのPOP条件、インプ殲滅がワープ部屋のロック解除キーになっています。
終わったら詩人はワープ部屋向かって待機。
報告であった箱を取り終えて、飛んで良ければ合図、ワープしてもらいました。

◆2層:24分
◆1・2層合計:43分

■3層東

中央部屋の敵にからまれない様に東大部屋まで移動します。
中央部屋の扉はノンアクですが、ギア・ギアズは普通にアクなので、
もしからまれたら、とりあえず誰も手をつけずに東の通路まで全員移動。
そこでシがからんできた敵を抜いてタゲを切りに走ってきます。
この間に他の5人は東大部屋へ。

今回は無事誰もからまれることなく東大部屋に到着。
ここも釣りは赤/忍が担当。ギアは普通に寝るのでどんどん持ってきましょう。
2層同様MPが大変かもしれませんが盾2人のヘイストだけは切らさない様にして
A.グラビティのヘヴィはなるべく早めに治していきます。

3月23日銀海3層ギアズ・ギア殲滅


扉もリンクする事があるかもしれませんが、本隊は扉には手をつけずに
赤/忍にまかせておきましょう。捨てに行く時は、その間シが釣りを担当。
まだギアの数が多い時に大部屋で寝かせると危険なので注意。

小部屋で扉のタゲが切れた場合、ギアを部屋の中央辺りで寝かせていると
それにリンクして本隊にからんでくる場合があります。
その場合、赤/忍はまた扉のタゲを取って、処理しましょう。
こうならない為にも中央辺りで寝かしているギアがいれば、わざと起こして部屋の端まで
引っ張っておいて、再度寝かしましょう。
大部屋の端でやるのが1番楽ですが、最初は大リンクする恐れもあるので注意。

そんな感じでギア・ギアズを殲滅するとギアズNMがPOP。
アタリ扉はギアを殲滅している時に見つけていたので、
アタリ扉側の壁際まで引っ張ってやっていきました。
NM中にシは扉を殴り始めるのですが、この位置でやるとシもサポートしやすいです。

NMはアンチグラビティのノックバックが厄介なので盾2名は壁を背にします。
3連時のレールキャノンも強力なので後衛はスキンを徹底。なるべく距離を取りましょう。

倒したら本隊もシに加勢して扉を倒します。
倒す直前にシはワープ部屋へ。強化もここでかけ直し。
倒したら箱を落としたのでチェック。取り終えたら合図して、シに飛んでもらいます。

◆3層:17分
◆1・2・3層合計:60分

■4層東

3層からワープしたのがシなので、シは他の5人よりひと足早く動けるはず。
これを利用してシは着いたらすぐに「とんずら」。南へ走って巡回ギア6体に追いかけます。
中央部屋までには追いつけると思うので追いついたら、からまれ釣りで持ってきましょう。

他の5人も着き次第シを追いかけて南へ。
合流した所で盾はすかさず1体抜いて、赤/忍は連続魔。残りの5体を寝かせます。
抜いたギアからやっていきましょう。ここで侍は明鏡を使ってもらい、前衛は薬も使います。
なるべく早く数を減らしていきましょう。途中で起き始めるので、再度後衛は寝かしを。
赤/忍は残り2体くらいになったら箱をゴソゴソ。良さそうな薬を見つけます。

巡回ギア6体、全て倒したら全員中央部屋へ移動。
ここにはギアズに扉4体、戦車がいるのでシが囮をして扉と戦車を抜きます。
あらかじめ抜き役5人を決めておいて、各自担当の敵をタゲったら合図。

シは5人から合図を貰ったら絶対回避+とんずらで中央部屋の敵を全て反応させます。
反応したのを確認したら抜き役5人はそれぞれ担当の敵を抜いて北へ。
シは5人が無事抜けたら回避が切れる前に侠者の薬を使ってログアウト。
薬がない場合は北通路で倒れておきましょう。一応走ればタゲを切ることも出来ます。

5人は北へ引っ張ったら中央部屋からみて最初の小部屋まで持って行きます。
そこでまずは扉4体を寝かせましょう。その間戦車は忍が殴らずにキープ。
キープ中、余裕があれば赤と詩人はスロウとエレジーを入れてあげると○

寝かしが落ち着いたら詩人はソウルボイス。
前衛歌をかけて、準備が出来たら戦車から倒していきます。次に扉4体→来訪の雑魚の順。
途中でシも戻ってくるので、すぐに誘い直してシにも歌と強化を。
これで戦車〜扉とソウル歌を1番長く有効に使えるはず。扉はアムネも厄介だし。

最後の来訪の雑魚をやってる間にシは中央部屋から亀を釣ってきます。
亀は普通に物理で倒せるので、そのままやっていきましょう。
ただし、エレジー・スロウが入らないのでタゲ回し気味でやると少し楽。
赤は余裕があればブリザドを。トータスソングで歌を消されたら面倒でもかけ直し。

3月23日銀海4層亀倒す


ある程度削ったらシはワープへ向かいます。
中央部屋のギアズは走ってればタゲ切れるので特に気にしなくてOK。
着いたら待機しておいて、本隊は亀を倒したら前衛歌をかけておきます。
かけ終えたら合図、合図貰ったらシは飛びましょう。
箱で取り忘れていた物があれば取っておくこと。

◆4層:22分
◆1・2・3・4層合計:82分

■BOSS

3月24日銀海ボス


途中、蝉はがされた直後にDA貰って瀕死になった瞬間タイミング良くブレインジャック。
武器は変更出来たけど、HPがもたなくて倒されてしまいました。
それから衰弱治るまでは侍・シで削ってもらったけど…時間がマズイ。

最後の方は精霊でも押してもらってなんとかギリギリ倒す事が出来ました。
ドロップは

3月23日銀海ボスドロップ


でした。

◆BOSS:16分
◆全層+ボス合計:98分



薄金頭35部位 日数兜 通算…7/102
モリガン脚35部位 マッハスロップス 通算…3/85
アレス脚35部位 ダイモスクウィス 通算…5/94
薄金胴35部位 日数腹当 通算…2/92



↓↓ポチっと応援お願いします。







[人気ブログランキング]




ブログパーツ



▼最新拡張パッケージ 「紅蓮のリベレーター」サービス開始!▼

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター コレクターズエディション (数量限定予約特典コード配信)【予約特典】オリジナルPC壁紙配信ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター コレクターズエディション (数量限定予約特典コード配信)【予約特典】オリジナルPC壁紙配信

スクウェア・エニックス
発売日:2017-06-20

Amazonで詳しく見る

●コレクターズエディション特典内容
・「紅蓮のリベレーター」特装アートBOX
・ガレマール帝国第XII軍団長「ゼノス」ハイクオリティフィギュア
・ビジュアルアートブック
・布製エオルゼア全図
・「紅蓮のリベレーター」ロゴステッカー
・インゲームアイテム:
  マウント「シルドラ」
  ミニオン「マメット・バッツ」
  武器「チキンナイフ」
●数量限定予約特典コード内容
・「紅蓮のリベレーター」アーリーアクセス
 ※発売日よりも数日早くプレイできる特典
・インゲームアイテム:
  ミニオン「マメット・レッドメイジ」
  アラミガンイヤリング
▼パッチ3.2~3.5から全50曲を収録した最新サントラが登場!▼

【Amazon.co.jp限定】THE FAR EDGE OF FATE: FINAL FANTASY XIV ORIGINAL SOUNDTRACK【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】(Amazon.co.jp限定絵柄 スリーブケース付)【Amazon.co.jp限定】THE FAR EDGE OF FATE: FINAL FANTASY XIV ORIGINAL SOUNDTRACK【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】(Amazon.co.jp限定絵柄 スリーブケース付)

ゲーム・ミュージック

スクウェア・エニックス
発売日:2017-06-07

Amazonで詳しく見る

「パッチ3.2 運命の歯車」から「パッチ3.5 宿命の果て」までの3.xシリーズから、お馴染み祖堅正慶率いるFFXIVサウンドチームによる楽曲たちを全50曲収録した最新Blu-ray Discサントラが登場!「機工城アレキサンダー律動編、天動編」、「セフィロト、ソフィア、ズルワーンの三闘神」、「マハシリーズ」などの人気コンテンツを彩った楽曲の数々を、ゲーム内映像と共にお楽しみいただけます。
●インゲームアイテム「マメット・ニーズヘッグ」シリアルコード付
Trackback
トラックバックURL: