...            ...   

花鳥風月#4 ハルブーン Step1 : クラレット

2008年07月16日
Step1のClaretに挑戦。


■Claret

▼POP場所



上図の丸で囲んだ辺りに???があるので「ペクチン」をトレードでPOP。
座標で言うと(J-8)。ハルブーン監視哨から来ればそんなに遠くはないです。
ただし、段差になっていてトレードは下からになるので
北からではなく遠回りになりますが南から回ってくるようにしましょう。

▼特長



赤スライムタイプ(クロット)の敵でHPは15000前後。
通常攻撃はせずにヘイトが1番高い人に近づいてきてwsのみを使ってきます。使ってくるwsは5種類。
ws全てに追加毒があって(蝉でwsを回避しても毒は食らう)この毒が非常に強力。
放っておいてもすぐに治ることは治るのですが
100/3秒のスリップなので毒消しを用意して即治せる様に。

■wsについて

・イポクシースプレッド
⇒自身中心範囲バインド、ダメージはなし。蝉回避不可。

・フルイドスプレッド
⇒自身中心ダメージ、蝉複数消費。蝉で回避出来るけどかなり痛い。800近く食らう事も。

・フルイドスルー
⇒遠隔単体ダメージ。距離で変わるのか、400-900と幅が広かった。蝉で回避可。

・ミューカススプレッド
⇒自分中心範囲スロウ、ダメージはなし。蝉回避不可。
⇒強スロウなのでヘイストで上書き不可。食らったらイレースを。

・消化
⇒近接単体。HP吸収。蝉回避可。


雷・氷・炎くらいしか使ってませんが、特に耐性はなく精霊はよく通ります。
寝なくてバインドは入りませんが、毒・グラと言った他の弱体はひと通り入る模様。

▼戦闘



まず戦う場所ですが???のある洞窟にはスライムが数体いて邪魔になります。
なので…スライムをからませてエリチェンで消してしまい、
その間にNMを①or②の広場まで持っていって、そこで戦闘することにしました。
「NMをわかせる人」「広場までグラを入れて持っていく人」「雑魚を消す人」
の3役を用意して雑魚消し役が雑魚消しに走ったらNMをわかせる感じ。

開幕にwsくるのでなるべく全員距離を取っておくと○

エリチェンはAとBで出来ます。①でやる場合はA、②でやる場合はBでエリアすると良いでしょう。
②でやる場合もAでエリアすれば良さそうに思えますが
②に向かう途中の洞窟にもスライムはいるのでBまで引っ張る必要があります。
移動速度UP装備があってもBまでは結構な距離とたくさんのスライムがいるので危険です。

一気にBまで行けない事もないですが念のため「とんずら」を使うか、
Aで一旦そこまでの敵を消して引き続きBまでの敵を消すといった感じで2回に分けても良さそう。

で、①と②の広場についてですが、①にはアクティブなイモがいるので
イモが寝る夜間(18:00-06:00)以外は②でやった方が安全です。
あと①の西側、②の北側にはエレもPOPするので天候には注意しましょう。

そんな感じで広場まで引っ張れたら、あとは精霊で削っていくだけ。
グラが入るのでマラソンでやっても良いかとは思います。

でも、イポクシースプレッドによるバインドが厄介で
治したと思ってもすぐにバインドにされて…鬱陶しいです。

なので!バインドにされてもそのままにして精霊でピンポン気味にやった方が楽かも。
1人が頑張りすぎてタゲ取りすぎ、ってのは危険かもしれませんね。

以上を踏まえて、毒は毒消し・スロウにはイレースで治療しつつIV系9-10発程撃てば倒せるはずです。



 

ドロップは上の二つにトリガーが100%ドロップ。
4戦やって1戦目にケーリュケイオン、4戦目にアルマトルクが出ました。残りの2戦はトリガーのみ。

用語辞典によるとケーリュケイオンの潜在発動条件はHPが50%以下でリジェネは3/3秒らしいです。
追加効果のHP吸収は潜在中にのみ発動して、たまに5くらい吸収する…というもの。

うーん。ちょっと微妙ですね。トルクも一応唯一無二の性能ではあります…が…。



↓↓ポチっと1クリック。応援お願いします。

[人気ブログランキング]














ブログパーツ





▼すべてのFF14プレイヤーに捧げる、初のフルオーケストラアレンジ▼

FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017

スクウェア・エニックス
発売日:2017-09-20

Amazonで詳しく見る

『A REALM REBORN』『BEFOR THE FALL』『HEAVENSWARD』『THE FAR EDGE OF FATE』までの4つのオリジナル・サウンドトラックから厳選した楽曲をオーケストラアレンジ!栗田博文指揮、東京フィルハーモニー交響楽団による演奏。
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: