...            ...   

第二ウイング : ヘルムヴィーゲの間#5

2009年01月19日
アンプル目的で 第二ウイング ヘルムヴィーゲの間 9人(11人)で突入。
ヘクトアイズx12 ⇒ ドラウガーx12 ⇒ 赤色ポロッゴ(ボス)






■第1グループ ⇒ Waldgeist (ヘクトアイズ) 12体



突入するとヘクトアイズが12体。ララバイリポーズで寝かせつつ殲滅。
打/格属性に25%のカット有。IV系やガIII系等、黒タイプの魔法を使用。プガもあるので要服毒
サイレスを入れつつ、視線判定「凶眼」があるので向きに注意しながら数を減らしていきます。
タゲを取っている人はもちろん、他の前衛もタゲを取った時の事を考えて後衛側には立たない様に
麻痺の深度はかなり深いので、食らった場合は即パラナ。wsは後ろを向きながら撃つと〇


■トリガーモンスター ⇒ Muninn (黒鳥) 1体

ヘクトアイズ殲滅中、黒鳥がPOP。すかさず釣って、優先的に倒します。
トリガーモンスターのHPは一律5000ほど。
黒鳥は倒すと現在POPしている敵のHPが1割程減少する…と言われています。


■第2グループ ⇒ Rotting Huskarl (ドラウガー) 12体



ヘクトアイズが終わって次にPOPしたのはドラウガー12体にボスのポロッゴが1体。
これもまたスリプルでは寝ないので、ララバイリポーズで寝かせつつ殲滅。
格属性:12.5% / 打属性:25%のアップですが斬属性:12.5% / 突属性:50%のカット有。
トマホークや、バニシュでカットを減衰させながらやっていきます。

ドラウガーは片手剣持ち(暗タイプ)短剣持ち(シタイプ)の2種で構成されています。
暗タイプはアブゾ系や精霊II系、弱体等、暗タイプの魔法を使ってきます静寂にさせない方が良
シタイプはもちろんTA持ちで回避が非常に高く厄介。命中装備で挑みましょう。

「ブラッククラウド」や「ブラッドセイバー」で蝉を次々に剥がされます。
その上、残HPが25%を切った辺りから「屍毒」が解禁。代わりに「ブラッドセイバー」は使わなくなります。
「屍毒」は上位「ブラッドセイバー」と言ったところ。単純に吸収量が上がってます。
・ブラッドセイバー ⇒ 100-150程
・屍毒 ⇒ 250-300程

あまり大勢で食らうと一気に回復されてしまう恐れがあるので、
各PT距離を取ったり、後衛(特に詩人)もスキンはかかさないように

ただでさえ面倒な相手なのに、今回人数が少なく、その上HP増だったようでかなり苦戦しました。
時間がかなりギリギリで、倒しきれるか微妙でしたが…なんとか残り30秒で殲滅完了。
ボスは無理でしたが、とりあえず目的の雑魚殲滅が出来たので良し。

という事で、1440アンプルを貰って終了。40x12 + 80x12(HP増) = 1440。



ポチっと1クリック。応援お願いします。



[人気ブログランキング]













▼すべてのFF14プレイヤーに捧げる、初のフルオーケストラアレンジ▼

FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017

スクウェア・エニックス
発売日:2017-09-20

Amazonで詳しく見る

『A REALM REBORN』『BEFOR THE FALL』『HEAVENSWARD』『THE FAR EDGE OF FATE』までの4つのオリジナル・サウンドトラックから厳選した楽曲をオーケストラアレンジ!栗田博文指揮、東京フィルハーモニー交響楽団による演奏。
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: