...            ...   

第一ウィング : ロスヴァイセの間#2

2009年02月14日
第Iウイング ロスヴァイセの間 32人(35人)で突入。
ミミズx12 ⇒ 闇エレx12 ⇒ バッファロー(ボス)






■第1グループ ⇒ Einherjar Eater (ミミズ) 12体



突入するとミミズが12体に闇エレが12体、それにボスのバッファローまでPOPしていました。
とりあえず闇エレは黒にまかせて、前衛組で先にミミズから倒していくことにしましたが、
いっそのこと闇エレ ⇒ ボス ⇒ ミミズの順でやっていくのもありかな、と思います。

ミミズは当然その場から動かないので、今回の様にボスと同時にPOPした場合、
ミミズをやっている最中にボスがからんでくる恐れがあるからです。というか今回もからんできました。
一旦ボスはマラソンしてもらって、その間に雑魚を殲滅。雑魚が終わり次第ボスという流れで対処。

ミミズの後に次のグループがPOPする状況だとミミズは引っ張る事が出来ないので、
最後の1体を倒した後に次グループにからまれてしまう危険があります。精霊で削る等、要工夫。

ミミズはストーンIV / ストンガIII / クエイク / ストンスキン / ラスプ / バインド等の魔法を使用。
サイレスを忘れずに入れましょう。リンクは必至なので寝かせつつ殲滅。

「振動」「土竜巻」と言った範囲攻撃(蝉全消去)「サウンドバキューム」範囲静寂
それに蝉貫通の上に追加効果:攻撃力ダウン(-50%)「消化液弾」と面倒なwsが多いです。
「消化液弾」はもちろん、「土竜巻」の命中ダウン、「振動」のDEXダウンにも出来るだけイレースを。


■トリガーモンスター ⇒ Huginn (赤鳥) 1体

途中赤鳥がPOPしたので、すかさず釣り、逃げられる前に優先的に倒します。HPは5000



赤鳥は倒すとテンポラリアイテムの入った箱を落とします。
今回の中身は↑の通り。この中だとアムリタが見慣れないモノだと思いますが、
[ リジェネ HP5/3秒毎(合計HP500回復) + リフレシュ MP5/3秒(合計MP500回復) 5分 ]
といった、非常に優秀なジュースなので後衛やナイトは忘れずに取り、積極的に使っていきましょう。


■第2グループ ⇒ Dark Elemental 12体



ミミズが終わったら続いて残りの闇エレをやっていきます。
当然闇に耐性があるのでスリプルでは寝ません。リポーズやララ等の光属性睡眠で寝かしましょう
物理に75%のカットがあるので、無想無念やトマホークが有効。プガを使うので服毒は必須。


■ボス ⇒ Himinrjot (バッファロー) 1体



ミミズ・闇エレが終わったので最後にボスをやっていく訳ですが、
ノックバックがヒドイので、まずボスを通路まで引っ張ります。(ロスヴァイセならマップ北西)

・ビッグホーン [ 近接単体 蝉1枚消費 物理ダメージ ]
・ラビッドダンス [ 敵自身 回避率アップ ]
・ランパントナウ [ 近接単体 蝉1枚消費 物理ダメージ + 麻痺 ]
・ロウイン [ 自身中心範囲 蝉貫通 ダメージ無 + 悪疫 ]


使用してくるwsは上記の4種類。氷に耐性があるのかブリザドは通りにくい。リゲイン持ち。スタン〇
「ラビッドダンス」にディスペル、「ロウイン」(TP/MPスリップ)にウィルナ

通常攻撃がスノート[ 前方範囲 蝉貫通 ブレスダメージ + ノックバック(大) ]になっています。
このノックバックが厄介なので通路まで引っ張り、壁を背にして削っていくのですが、
1番距離を取っている人をターゲットにするので全員通路に移動する必要があります。
それから、この吹き飛ばしの度にヘイトがリセットされる模様。

通路まで引っ張ることさえ出来れば楽な部類の相手。



という事で、特に危なげなく無事撃破。
↑の戦利品と960アンプルを貰って終了。
40x12 + 40x12 = 960。でHP増はなし。



ポチっと1クリック。応援お願いします。



[人気ブログランキング]













▼すべてのFF14プレイヤーに捧げる、初のフルオーケストラアレンジ▼

FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017

スクウェア・エニックス
発売日:2017-09-20

Amazonで詳しく見る

『A REALM REBORN』『BEFOR THE FALL』『HEAVENSWARD』『THE FAR EDGE OF FATE』までの4つのオリジナル・サウンドトラックから厳選した楽曲をオーケストラアレンジ!栗田博文指揮、東京フィルハーモニー交響楽団による演奏。
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: