...            ...   

第一ウィング : ジークルーネの間#1

2008年07月18日
第一ウィング ジークルーネの間 24人(26人)で突入。


■第1グループ ⇒ Hyndla (犬) 12体

突入すると犬12体にボス1体が最初からPOPしていたので、まずは犬からやっていきます。
雑魚は1種のみだし、犬自体も麻痺が多少厄介なくらいでこれは楽に終わるかな…
と、思っていたらなかなかHPが減らない。

この前のVU以降時々雑魚のHPが2-3倍になる現象があるらしくどうやらそれに当たった模様。
通常1体につき1万なので2万とか、3万になってしまう。
6体タイプは2倍、12体タイプは3倍かと勝手に思ってたけど今回の犬は2倍だったような。曖昧。
幸い犬だったから良かったもののこれがエレだったりすると…。

■トリガーモンスター ⇒ Muninn (黒鳥) 1体

犬をやっていると鳥がわいたので、犬と並行して倒しました。
倒すと箱はなし。その代わり↓のメッセが。

澱んでいた気が、少し揺らいだように感じた……。
闇に蠢くモノたちの息遣いが弱々しくなったようだ……。


慌しくて実際自分で確認した訳ではないけど、このメッセでPOP中の敵のHPが1割ほど減るらしい。

虎は逆に倒せずに逃がしてしまうと1割回復、
赤鳥は倒すとテンポラリ箱をドロップ、羊はクリア後の箱に中身追加…のはず。

■ボス ⇒ Hakenmann (オロボン) 1体



これといった特徴はなく、普通のオロボンと同じ様に感じました。

ただしws自体が面倒な物が多く、特に「セイズミックテール」がかなり痛くて
蝉で回避出来るとは言ってもまともに食らうと1000程のダメージ。
しかも何度も連発してきます。スタンが効くので黒二人一組になって順番に止めていきました。

他にも「ヒプニックランプ」の範囲睡眠。
これはダメージで回復しない様で毒薬では防げない、かも。ケアルで起きる。
視線判定なので後衛は後ろを向いておくのが良さそう。

それから「ナッシュ」のHP半減、「おくび」の静寂+悪疫、
「潮泡」の強スロウ(ヘイスト上書き)など等…嫌らしいwsが揃ってはいますが
ほとんどはセイズミックテールで、これをスタンでしっかり止めていけば
そんなに苦労する相手ではありませんでした。8-9分程で撃破。



戦利品はこちら。最後に960アンプル貰って終了。
12体タイプの敵が1グループのみだったけど960貰えたので
HPが増えるとその分アンプルは増えてるいるのかも。



↓↓ポチっと1クリック。応援お願いします。

[人気ブログランキング]














ブログパーツ





▼すべてのFF14プレイヤーに捧げる、初のフルオーケストラアレンジ▼

FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017

スクウェア・エニックス
発売日:2017-09-20

Amazonで詳しく見る

『A REALM REBORN』『BEFOR THE FALL』『HEAVENSWARD』『THE FAR EDGE OF FATE』までの4つのオリジナル・サウンドトラックから厳選した楽曲をオーケストラアレンジ!栗田博文指揮、東京フィルハーモニー交響楽団による演奏。
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: