...            ...   

ヴァルグリンド : オーディンの間#2

2009年01月17日
ヴァルグリンド オーディンの間 27人で突入。







大まかな特徴は前回の記事に。
弱体/精霊が通りにくいので、詩/黒が印エレジーを回しつつロイエナ/狩/侍/召で削っていきました。
wsの対処だけでなく、スロウガにイレース ⇒ ヘイスト、スリプガ対策に服毒等細かい点にも注意。
ドレスパにはディスペが通らないのでフィナーレで対応。(レジもあるので注意)
(魔法詠唱はオヴニルモード時のみなので正確に言うと服毒はオヴニルモード時のみで良い)

・100%-90% : wsなし(最初は必ずwsなしモード)
・90%-80% : オヴニル
・80%-70% : wsなし
⇒70%時(サンゲタル後) バルキリー第一陣 (Siegrune / Schwertleite / Grimgerde)
・70%-60% : ヴァルファズル
・60%-50% : ガグンラーズ
・50%-40% : wsなし
・40%-30% : オヴニル
・30%-20% : ガグンラーズ
⇒20%時(サンゲタル後) バルキリー第二陣 (Rossweisse / Helmwige / Waltraute)
・20%-10% : ヴァルファズル
⇒10%時(斬鉄剣後) バルキリー第三陣 (Gerhilde / Brunhilde / Ortlinde )
・10%-0% : 斬鉄剣 ⇒ ユッグ後、3種のws全て使用


今回は↑の様な流れでした。
モードチェンジは10%毎、ゲイルレズは75%/50%/25%時、斬鉄剣はHP残10%時に発動。
(正確にはその時点では発動せず、そこから1%でも削ると同時に発動)

バルキリーはキープ役(赤/忍)+補助役でそれぞれ1体を対応。ブライン等で素早く抜くこと。
詩タイプがPOPと同時に強化をかけて、それがオーディンにもかかる場合があるので即消す。
今回、20%時に第二陣が来て、そのまま斬鉄剣~の流れになったので少しの間ではありますが
バルキリーが6体いる状態+最終モードになってしまい、少々手間取りました。

オーディンのHPが残10%直前になったら攻撃を一旦止めて毒消しで毒を治し、
納刀をして斬鉄剣に備えましょう。準備が整ったら狩や召で削り、斬鉄剣を発動させます。
セリフがきたら、万が一の為に盾のうち1人は範囲外まで離れて、範囲内にいるPCはヒーリング。

セリフは約5秒ほど。行動は素早く。
ちなみにセリフと魔法詠唱が重なった場合、詠唱が終わるまで発動しません。

斬鉄剣後はユッグのせいでオーディンに対してひるむようになります。
遠隔や履行は怯まないので、最後は狩と召で一気に押し切りました。

ということで、16分ほどで撃破。初勝利!



↑の免罪符と2880アンプルを獲得して終了。



ポチっと1クリック。応援お願いします。



[人気ブログランキング]













▼すべてのFF14プレイヤーに捧げる、初のフルオーケストラアレンジ▼

FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017FINAL FANTASY XIV Orchestral Mini Album 2017

スクウェア・エニックス
発売日:2017-09-20

Amazonで詳しく見る

『A REALM REBORN』『BEFOR THE FALL』『HEAVENSWARD』『THE FAR EDGE OF FATE』までの4つのオリジナル・サウンドトラックから厳選した楽曲をオーケストラアレンジ!栗田博文指揮、東京フィルハーモニー交響楽団による演奏。
Comment
無題
斬鉄剣については知っていたのですが、今回8-9%できたので、
ここでは9%でセリフ ⇒ 斬鉄剣の流れということにしました。

オヴニルについては初耳でした。
こちらでも確認してみたところ、その通りですね。
貴重な情報ありがとうございました。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: